SoRock!!

僕はひっそりと暮らしている
<< 第二話後編 旅するサラリーマン、ここが東方の地だ!諏訪大社 | main | GW特別企画 浜松ツーリング後日談〜あれから10日後〜 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    最終話 さらば兄弟、神の住む地を後にして
    0
      とうとう最終日がやってきた。

      前日寝落ち寸前で布団にもぐりこみ、なんとかギリギリセーフと思いきや
      携帯のアラームをかけたはいいがマナーモードを切るのを忘れていて音が鳴らなかった。

      でも8時前にはなんとか起床。我ながらよく起きれたもんだ。

      部屋で一服して荷物まとめて出発。の前に近くのお土産屋さんで地酒を購入。
      荷物あんま積めんから大したもの買えなかったけど。



      まずは宿の近くにある下社春宮から昨日の続きを回る。



      正面入り口。知らないオバチャン写ってるけどキニスルナ。




      本殿(?)
      神社やお寺にお参りするときはいろいろ作法があるけど
      ここでは二拝二拍一拝が正しいお参りの仕方のようです。みんなもやってみよう!
      ちなみに例によってバカイトは「二礼二拍一礼って技が〜」とのたまっていた。




      なんちゃら殿。ごめん正直覚えてないっす。

      ひととおりぐるっと回って、近くに万治の石仏というのがあるとの噂を聞いて、
      ついでだし行ってみる。



      春宮から徒歩3分。
      この石仏の周りをぐるぐる回ってお願いすると叶うらしいです。

      どうでもいいけど、個人的に神様にお願い事をするときってのは
      そりゃもちろんもうどうしようもないってときもあると思うんだが、
      それ以外のときは決意表明にとどめておくべきだと思うのです。

      神様がいるかいないか、願い事を叶えてくれるかくれないか、ってのは別として
      例えば交通安全をお願いするなら、安全運転を心がけます!ってな具合にね。



      さて、最後の一箇所、前日通り過ぎた上社前宮へ行く前に、夜だったため撮れなかった入り口前写真を撮るため下社秋宮にいったん寄る。



      駐車場が入り口の脇にあるようで、車がビュンビュン通りすぎて怖かったので早々に退散。
      昨日来た道を戻って諏訪湖を回りながら上社前宮着。




      ここだけ入り口と本殿が大分離れた場所にあって、フゥフゥ言いながら山道を少し登ってお参り。



      上社には狛犬さんが奉られているようです。
      書いてて思ったけど狛犬を「奉る」と言うのはちと違うのかな?




      山の入り口にある本殿。周りは深い山だし綺麗な水は流れてるしで
      見ていて心が落ち着きます。


      で、ここでちょっとしたハプニング。
      本殿に向かう途中、お茶屋さんを見つけたのでちょっと寄ってみるかと話していると
      店の前に立ててあるお品書きの看板の最下部に

      「ゆっくりしていってね」

      と書いてある。ええー・・・これは・・・どうなんだろうね・・・とか2人で言いながら
      喉も渇いたしってことで入ってみることに。

      結論から言うと狙って書いてました。

      いやね、店入った瞬間からこんなんだったんだわ。

        

      いやあマスカラスさんこいつらとんでもねぇガキでね!
      浜松巡りも痛タクシー探しも結局諏訪大社に持ってかれちゃいましたねーなんて言ってるところをフン捕まえてきたんですわ!


      見事に釣られた俺達2人。やっぱ釣り針だったかーバレバレでしょー知ってたけどねー
      とか口調が地獄のミサワになる。

      正直この店に来るまでは、おおっぴらに聖地巡礼とか言ってオオハシャギするのもどうなのかな、と思っていたが店員のオバチャンの言によると
      「いいと思いますよ、若い人たくさん来てくれるし、そういうきっかけにもなって」
      だそうだ。最低限節度を守れば動機が不純でも気にすることはないのかもしれない。




      のどかなお茶風景。
      置いてある本はるるぶ(観光地マップ)をパクった同人誌。
      長野県内の聖地巡礼マップだそうです。
      当然木崎湖や咲の聖地などなど、色々な情報が載っている上リサーチもこれでもかというぐらいキッチリされていて、俺はともかくバカイト大興奮。
      リアルで「これはもっと評価されていい」とか言ってるヤツ初めて見た。


      そんなこんなでお店の人との会話も楽しみつつ店を出る。
      あーこれでもうお別れかー寂しいなーなんて言いながらそのまま帰路につく、
      と思いきや名残惜しいのでもう少しぶらぶらしようということに。

      が、これといって行きたいところもなく、そもそもそんなに時間もないのであっても近場しか行けない。ということで最後に諏訪湖をぐるっと一周回ってお別れすることに。

      ヤエーを期待していたが、対向ライダーが少なく、歩道を歩く子供にヤエーするもガン無視される。
      結局1台もヤエることなく最後の駐車場に。

      一服しつつお互い帰りたくねぇなぁオーラをムンムンに出して最後のトーク。
      記念に写真撮ろうぜ!って言ったけどセルフタイマーの設定の仕方がわからず
      えーこれどーやんのー!とか言ってると、隣に座ってたハレ乗りのオジサンが
      「よかったら撮ろうか?」と一言。

      流石バイク乗り同士気が利いてるゼ!
      (隣で大騒ぎしといて無理矢理言わせた気がするがそこは気にしてはいけない)
      まあ最後のチャンスだし、旅の恥はかきすてって言うしね!




      画像の加工の仕方がずさんだって?キニスルナ。


      でもこの旅が本当に楽しかったのは事実。本当の本当に事実。
      帰った後でバカイトが言ってたけど、マジで一生モノの思い出になった。


      なんてしんみりしちゃったけど、お互い無事に走ってる限りはまた次の機会があるからね!

      ってなわけで中央道の諏訪インターまで一緒に走り、そこでお別れ。
      最後に料金所でチケットをもらい、路肩に止めて握手を交わし、一言。


      「また会おうぜ、兄弟」


      今回の旅、苦楽を乗り越え、喜びと感動を分かち合い、寝食を共にした唯一無二の仲間。
      バイクという乗り物を通じて出会った1人の男。
      分岐で手を振り合ったあの時の光景は、実は未だに記憶に焼きついている。


      なーんてカッコいいこと言ってみたかっただけですはい。

      とはいえ多少誇張はあるにせよ、ここに書いたことは本音なのは間違いない。
      次回の連休にまた会えることを願って。




















      番外編



      帰りの中央道は酷い渋滞やったでぇ・・・。
      え?もちろん最後尾からじっと耐えてきましたよ。ほんとですよ。
      写真は途中休憩で寄った談合坂SAで食べた遅めのお昼ご飯。名物かどうかは知らないけど
      富士山メロンパンだそうです。

      ちなみに関東はこの日一日中曇りで気温が低かったらしく、トンネルを抜けて山梨入りした瞬間凍えるように寒かったのは内緒です。荷物をギュウギュウに突っ込むのがめんどくさいからっててインナー着ててよかった・・・。

      連休最終日ということもあって、SAには他にも多数のバイクが。
      眺めてるだけでもワクワクするよねこういうの。




      家に着いて撮ったトリップメーター。
      走行距離は712キロ+戻し忘れたメーター分が80キロでちょうど800キロぐらいでした。
      後日ガス入れに行ったら8リットルぐらい入ったので燃費計算。

      2日目の朝浜松で入れたのが13リットルぴったり。
      3日目にバカイトに付き合って入れたのが9.2リットル。
      合計30リットルぴたりなので26km/l強ぐらいは走った計算になるのかな?

      一応カタログスペックだとリッター40キロ近くは走るはずなんだが
      まぁ現実ってこんなものです。
      市街地はともかく田舎道走ると信号がないおかげで燃費がグングン伸びてうれしい。



      番外編その2

      今回の旅の教訓。
      まず言えるのはバイクの積載性の問題。正直ナメてた。
      今回は暖かい季節だったのもあって荷物は少なく済んで、リュック1つがパンパンになる程度だったけど、お土産を買う余裕とかまったくなかった。出発直前にヒップバッグを1つ衝動買いしていたが、これは正解だった。
      次回はタンクバッグなりちゃんとしたリアバッグを購入して臨みたい。

      あと見たかった苺ましまろ痛タクシーは結局見れませんでした。
      ハイヤーらしいので予約しないと街中で拝めることはないと思ってたけど、やっぱり見れなかったね。もしかしたらスレ違うぐらいはできるかなーとちょっと期待してはいた。

      あとはやっぱり食の問題かな。
      グルメ旅するなら事前調査は必須。でないと遠出してまで牛丼食うハメになる。
      牛丼でも食えればまだいいほうで、諏訪湖の周りなんて牛丼屋すらなかったし。最悪コンビニは最近どこでもあるので、飲まず食わずってことはないだろうけど・・・。







      そんなわけで今回の長編はこれにて終了でございます。
      最後まで読んでくれた人どうもありがとうございました。

      この無理矢理企画に付き合ってくれたバカイトにありがとう。
      そして、全国のヤエーライダーと、旅先で出会った全ての人にありがとう。


      最終回のこの話はけっこう駆け足で書いたもんで、もし後から思い出したこぼれ話とかあれば気が向いたときにでも書きますん。





      それでは次回も、Kamen Ride!!!
      | れば | 2011年5月 静岡長野ツーリング | 21:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:42 | - | - | - | - |
        >馬面
        おかげでめちゃめちゃ楽しかったぞぉ〜
        無事故無違反、心に刻め!
        | 管理人 | 2011/05/16 8:15 PM |
        レポおつ!
        読んでてニヤニヤしちまったぜwww
        次の機会を楽しみにしてる、それまでお互い事故なく経験積んでいこうぞ
        | ばか | 2011/05/11 9:21 PM |









        http://bou-hello.jugem.jp/trackback/198
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        + PR
        + RECOMMEND
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        • 2徹目 念願の神戸へ行ってきたぞ!〜乙、刻を超えて〜
          管理人 (10/13)
        • 2徹目 念願の神戸へ行ってきたぞ!〜乙、刻を超えて〜
          あけちゃん (10/11)
        • 二発目 関西人と関東人とマックとマクド
          管理人 (09/29)
        • 二発目 関西人と関東人とマックとマクド
          神 (09/27)
        • 最終話 さらば兄弟、神の住む地を後にして
          管理人 (05/16)
        • 最終話 さらば兄弟、神の住む地を後にして
          ばか (05/11)
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + 買ってはいけない地雷ゲー
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE