SoRock!!

僕はひっそりと暮らしている
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    最終話 さらば兄弟、神の住む地を後にして
    0
      とうとう最終日がやってきた。

      前日寝落ち寸前で布団にもぐりこみ、なんとかギリギリセーフと思いきや
      携帯のアラームをかけたはいいがマナーモードを切るのを忘れていて音が鳴らなかった。

      でも8時前にはなんとか起床。我ながらよく起きれたもんだ。

      部屋で一服して荷物まとめて出発。の前に近くのお土産屋さんで地酒を購入。
      荷物あんま積めんから大したもの買えなかったけど。



      まずは宿の近くにある下社春宮から昨日の続きを回る。



      正面入り口。知らないオバチャン写ってるけどキニスルナ。




      本殿(?)
      神社やお寺にお参りするときはいろいろ作法があるけど
      ここでは二拝二拍一拝が正しいお参りの仕方のようです。みんなもやってみよう!
      ちなみに例によってバカイトは「二礼二拍一礼って技が〜」とのたまっていた。




      なんちゃら殿。ごめん正直覚えてないっす。

      ひととおりぐるっと回って、近くに万治の石仏というのがあるとの噂を聞いて、
      ついでだし行ってみる。



      春宮から徒歩3分。
      この石仏の周りをぐるぐる回ってお願いすると叶うらしいです。

      どうでもいいけど、個人的に神様にお願い事をするときってのは
      そりゃもちろんもうどうしようもないってときもあると思うんだが、
      それ以外のときは決意表明にとどめておくべきだと思うのです。

      神様がいるかいないか、願い事を叶えてくれるかくれないか、ってのは別として
      例えば交通安全をお願いするなら、安全運転を心がけます!ってな具合にね。



      さて、最後の一箇所、前日通り過ぎた上社前宮へ行く前に、夜だったため撮れなかった入り口前写真を撮るため下社秋宮にいったん寄る。



      駐車場が入り口の脇にあるようで、車がビュンビュン通りすぎて怖かったので早々に退散。
      昨日来た道を戻って諏訪湖を回りながら上社前宮着。




      ここだけ入り口と本殿が大分離れた場所にあって、フゥフゥ言いながら山道を少し登ってお参り。



      上社には狛犬さんが奉られているようです。
      書いてて思ったけど狛犬を「奉る」と言うのはちと違うのかな?




      山の入り口にある本殿。周りは深い山だし綺麗な水は流れてるしで
      見ていて心が落ち着きます。


      で、ここでちょっとしたハプニング。
      本殿に向かう途中、お茶屋さんを見つけたのでちょっと寄ってみるかと話していると
      店の前に立ててあるお品書きの看板の最下部に

      「ゆっくりしていってね」

      と書いてある。ええー・・・これは・・・どうなんだろうね・・・とか2人で言いながら
      喉も渇いたしってことで入ってみることに。

      結論から言うと狙って書いてました。

      いやね、店入った瞬間からこんなんだったんだわ。

        

      いやあマスカラスさんこいつらとんでもねぇガキでね!
      浜松巡りも痛タクシー探しも結局諏訪大社に持ってかれちゃいましたねーなんて言ってるところをフン捕まえてきたんですわ!


      見事に釣られた俺達2人。やっぱ釣り針だったかーバレバレでしょー知ってたけどねー
      とか口調が地獄のミサワになる。

      正直この店に来るまでは、おおっぴらに聖地巡礼とか言ってオオハシャギするのもどうなのかな、と思っていたが店員のオバチャンの言によると
      「いいと思いますよ、若い人たくさん来てくれるし、そういうきっかけにもなって」
      だそうだ。最低限節度を守れば動機が不純でも気にすることはないのかもしれない。




      のどかなお茶風景。
      置いてある本はるるぶ(観光地マップ)をパクった同人誌。
      長野県内の聖地巡礼マップだそうです。
      当然木崎湖や咲の聖地などなど、色々な情報が載っている上リサーチもこれでもかというぐらいキッチリされていて、俺はともかくバカイト大興奮。
      リアルで「これはもっと評価されていい」とか言ってるヤツ初めて見た。


      そんなこんなでお店の人との会話も楽しみつつ店を出る。
      あーこれでもうお別れかー寂しいなーなんて言いながらそのまま帰路につく、
      と思いきや名残惜しいのでもう少しぶらぶらしようということに。

      が、これといって行きたいところもなく、そもそもそんなに時間もないのであっても近場しか行けない。ということで最後に諏訪湖をぐるっと一周回ってお別れすることに。

      ヤエーを期待していたが、対向ライダーが少なく、歩道を歩く子供にヤエーするもガン無視される。
      結局1台もヤエることなく最後の駐車場に。

      一服しつつお互い帰りたくねぇなぁオーラをムンムンに出して最後のトーク。
      記念に写真撮ろうぜ!って言ったけどセルフタイマーの設定の仕方がわからず
      えーこれどーやんのー!とか言ってると、隣に座ってたハレ乗りのオジサンが
      「よかったら撮ろうか?」と一言。

      流石バイク乗り同士気が利いてるゼ!
      (隣で大騒ぎしといて無理矢理言わせた気がするがそこは気にしてはいけない)
      まあ最後のチャンスだし、旅の恥はかきすてって言うしね!




      画像の加工の仕方がずさんだって?キニスルナ。


      でもこの旅が本当に楽しかったのは事実。本当の本当に事実。
      帰った後でバカイトが言ってたけど、マジで一生モノの思い出になった。


      なんてしんみりしちゃったけど、お互い無事に走ってる限りはまた次の機会があるからね!

      ってなわけで中央道の諏訪インターまで一緒に走り、そこでお別れ。
      最後に料金所でチケットをもらい、路肩に止めて握手を交わし、一言。


      「また会おうぜ、兄弟」


      今回の旅、苦楽を乗り越え、喜びと感動を分かち合い、寝食を共にした唯一無二の仲間。
      バイクという乗り物を通じて出会った1人の男。
      分岐で手を振り合ったあの時の光景は、実は未だに記憶に焼きついている。


      なーんてカッコいいこと言ってみたかっただけですはい。

      とはいえ多少誇張はあるにせよ、ここに書いたことは本音なのは間違いない。
      次回の連休にまた会えることを願って。




















      番外編



      帰りの中央道は酷い渋滞やったでぇ・・・。
      え?もちろん最後尾からじっと耐えてきましたよ。ほんとですよ。
      写真は途中休憩で寄った談合坂SAで食べた遅めのお昼ご飯。名物かどうかは知らないけど
      富士山メロンパンだそうです。

      ちなみに関東はこの日一日中曇りで気温が低かったらしく、トンネルを抜けて山梨入りした瞬間凍えるように寒かったのは内緒です。荷物をギュウギュウに突っ込むのがめんどくさいからっててインナー着ててよかった・・・。

      連休最終日ということもあって、SAには他にも多数のバイクが。
      眺めてるだけでもワクワクするよねこういうの。




      家に着いて撮ったトリップメーター。
      走行距離は712キロ+戻し忘れたメーター分が80キロでちょうど800キロぐらいでした。
      後日ガス入れに行ったら8リットルぐらい入ったので燃費計算。

      2日目の朝浜松で入れたのが13リットルぴったり。
      3日目にバカイトに付き合って入れたのが9.2リットル。
      合計30リットルぴたりなので26km/l強ぐらいは走った計算になるのかな?

      一応カタログスペックだとリッター40キロ近くは走るはずなんだが
      まぁ現実ってこんなものです。
      市街地はともかく田舎道走ると信号がないおかげで燃費がグングン伸びてうれしい。



      番外編その2

      今回の旅の教訓。
      まず言えるのはバイクの積載性の問題。正直ナメてた。
      今回は暖かい季節だったのもあって荷物は少なく済んで、リュック1つがパンパンになる程度だったけど、お土産を買う余裕とかまったくなかった。出発直前にヒップバッグを1つ衝動買いしていたが、これは正解だった。
      次回はタンクバッグなりちゃんとしたリアバッグを購入して臨みたい。

      あと見たかった苺ましまろ痛タクシーは結局見れませんでした。
      ハイヤーらしいので予約しないと街中で拝めることはないと思ってたけど、やっぱり見れなかったね。もしかしたらスレ違うぐらいはできるかなーとちょっと期待してはいた。

      あとはやっぱり食の問題かな。
      グルメ旅するなら事前調査は必須。でないと遠出してまで牛丼食うハメになる。
      牛丼でも食えればまだいいほうで、諏訪湖の周りなんて牛丼屋すらなかったし。最悪コンビニは最近どこでもあるので、飲まず食わずってことはないだろうけど・・・。







      そんなわけで今回の長編はこれにて終了でございます。
      最後まで読んでくれた人どうもありがとうございました。

      この無理矢理企画に付き合ってくれたバカイトにありがとう。
      そして、全国のヤエーライダーと、旅先で出会った全ての人にありがとう。


      最終回のこの話はけっこう駆け足で書いたもんで、もし後から思い出したこぼれ話とかあれば気が向いたときにでも書きますん。





      それでは次回も、Kamen Ride!!!
      | れば | 2011年5月 静岡長野ツーリング | 21:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      第二話後編 旅するサラリーマン、ここが東方の地だ!諏訪大社
      0
        書くのを忘れていましたが、今回旅を共にしてくれた朋友、バカイト氏が
        今回の旅のダイジェスト動画を作ってくれました。

        ※朋友(ポンヨウ)
        いわゆる親友の意。朋友はただ儀気のために動き、見返りを求めない。
        詳しくは蒼天の拳参照のこと。


        バカイト氏のページはこちら。


        仕事は早いし選曲はいいし、スバラシイッ!!




        さて、後編はビューやはずで昼食を取り出発したところから。

        雄大な景色を眺めつつも、ところどころにあるトンネルの凍てつく波動で泣きそうになりながらの行軍。インナーにシャツ1枚しか着てなかったから余計寒い・・・。


        152号線は山を切り開くことができずに途中で途切れ、一部舗装林道へシフトしているが、このルートを回避するため、県道18号を使って迂回し、再びR152へ戻る。



        多分18号線のどっかにあった「平家の里」というお店。
        休憩がてらコーヒーでも飲もうかと思ったが、残念ながら準備中だった。
        素泊まり1000円から、と書いてあったので宿泊もできるようです。


            

        R152沿いにある美和湖。ボートを漕いでる人たちやらキャンプしてる人など、様々。
        ここへ来る途中の道で、少年が道路を渡ろうとしていたので譲ってあげたのだが、その瞬間にパッと笑顔になり「ありがとうございます!!」とばかりにペコーーーっとすんごい勢いで頭を下げたのを見てほっこり。

        この時の俺がいかにカッコよかったかについてはバカイト氏が詳細レポートを書いてくれるはずなのでみんなよく読んでおくように!これが優良ライダーの鑑ですよ。


        そんなぷちイベントもあり、ようやっと2日目の目的地、諏訪大社に到着。
        途中でっかい鳥居を通過してあれぇ?っと思ったら、どうも諏訪大社ってのは4つあるらしい。バカイト氏もこれを知らなかったようで、通過したのとは別の神社に入ってからやっぱ行っときゃよかったーっと一言。

        ちなみに、諏訪大社には上社と下社があり、それぞれがさらに前宮・本宮、春宮・秋宮に分かれているため、全てあわせると4つ、ということだそうです。

        というアレで諏訪大社上社本宮に到着。



        ぶらぶら歩きながらお参り。お賽銭を投げ、ついでに交通安全のお守りを購入。



        これが本殿(?)だそうです。よく見ると奥に宮司さんがいるのが見えますね。



        そしておなじみの痛絵馬。
        「こういうのは神聖な雰囲気をぶち壊しにするからよくないと思う」
        と柄にもなく真面目なことを言うバカイトさん。


        そもそもこの諏訪大社は俺のツーリングプランには入っていなかったのだが、
        東方厨のバカイト氏が浜松で合流するなら、と提案した場所。
        その後も御柱や巨大注連縄を見ては「これは諏訪子ってキャラの必殺技の〜」と聞いてもないのに語り始める。※オタクはよく語る by 吉田創

        しかも自分の話は延々するクセに俺が仮面ライダーとプリキュアの話すると
        「へー、あっそう」とか言いやがるし。※オタクは人の話を聞かない by 吉田ry




        道がわからんので適当に目に付いた駐車場に入ったが、どうも裏口にあたる場所だったらしく、正面入り口に入りなおして撮影。


        本宮を後にし、諏訪湖の駐車場で宿への道を調べる。
        と、羊を連れたペーターがいたので一匹拝借し、アルプスの羊で諏訪湖を攻める。



        ヨーロローロヤッホホー ヤッホホーイヤッホッホー♪(ハイジのテーマ曲で)



        エンジン!マキシマムドライブ!!
        メェ〜メェメメェェメェエエエエエ(エンジン音のつもり)




        全てを開放した俺は何者にも束縛されず、風のように走るぞォー!!!
        コーナーで差をつけろ!!!!


        こういうアホなことをやりたかったんす僕は。この旅で。
        周りには大学生ぐらいの集団がキャイキャイ言いながら遊んでたけど見向きもされず。
        せめてドン引きぐらいしてくれりゃあいいのにね。無反応ってのが一番キツイよ。




        俺「ついにこの世界でライダーは俺1人になってしまった・・・俺がここで、お前を止める!!変身!!」



        バカイト「アルティメットだか何だか知らないが、俺は既に、究極を越えている!!」


        アホもやったので、宿泊予定の民宿にチェックイン。本当はこの日、長野に来たんならってことでおねティの聖地、木崎湖に行きたかったのだが、寄り道しすぎたせいでこの時点で既に時刻は18時になっており、ここからさらに50キロ以上ある木崎湖は断念。

        んじゃあってことで4つある諏訪大社を全て回ることに。
        宿の近くには下社秋宮があり、日も落ちてはいたがお参りする。




        本殿の前に座っている狛犬。確か忠と孝で一対だったと思う。



        君が代の歌詞にある「さざれ石」
        どうでもいいが俺は長年、君が代は「さざれ石の岩音なりて」だと思っていたのだが、
        「さざれ石の巌となりて」が正しいようです。いや教科書に載ってる君が代なんてひらがなばっかだからさ。深く考えたことなかったんだよ。



        下社秋宮の本殿。残念ながら改修工事中らしく、でっかい写真を見て終了。


        いったん宿へバイクを取りに戻り、夕飯を食べる。
        流石に田舎町だけあって、19時を回るとあたりには開いている店もほとんどなく、
        結局前日と同様目に付いたラーメン屋に入ることに。

        店員のオバチャンナンシーのハーレーは1000万円説に内心鼻で笑いつつも、
        宿に戻って風呂に入る。この近くには温泉が多数あり、そこへ行こうかとも思ったが、流石に疲れたので宿の風呂を借りた。宿も温泉だったし。

        熱めのお湯だったが、いい気分で風呂に入る、と

        俺「いい気分だし歌でも歌いたいねぇ」

        馬「やっぱ俺らが歌うといえば・・・」

        俺&馬『君を見てるとーいつもハートどきどきwwwwwwwwwwwwwwwww』


        結局一番を全部とついでに笑顔に会いたいを熱唱したのであった。


        実はこの民宿、宿の子供が普通に遊びまわってたりするんだが、その子供がDXオーズドライバーを持ってるときは正直感動した。
        声かけて一緒に遊びたかったんだが、くたくただったため声をかけることができず。風呂から上がって復活した後は既に寝てしまったようで、姿は見えなかった。

        そして部屋に戻り晩酌。



        俺「今日はちょっと奮発しちゃうぜぃ、いぇい」



        イカでビール・・・イカデビール・・・イカデビル!!
        シニガミハカセ!!


        2人で酒を酌み交わしながら、昔話に花を咲かせる。
        ケータイでアニソンかけて時々歌ったりして盛り上がる。

        馬「エタブレあるならオタ芸打てるよ」

        俺「あるよ?」


          

        荒ぶるバカイト氏。



        そして寝落ちするバカイト氏。




        俺も流石に限界だったため、就寝。
        これでやっと第二話終了か・・・。最終日もしばらく諏訪大社巡りが続きます!




        それでは次回も、Kamen Ride!!!

        | れば | 2011年5月 静岡長野ツーリング | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        第二話前編 晴れ渡る空、川だ!ダムだ!林道だ!
        0
          二日目の朝は昨晩泊まった浜松市からスタート。

          朝飯を吉野家で食い(浜松まできて牛丼かよってツッコミは俺らがやったのでなしで)
          天竜川沿いをひたすら北上しつつ諏訪湖を目指します。

          前日夜に降ったにわか雨でバイクは黄砂まみれ。仕方なく風呂用にもってきたハンドタオルを1枚雑巾にして軽く拭いておく。
          チェックアウトを済ませホテルを出ると、同じホテルに宿泊していた別のオッサンライダーたちも表に出てバイクを拭いていた。こんちは、と挨拶すると
          「どっから来たの?」「今日はこれからどこ行くの?」「諏訪方面に行くなら塩尻のあたりに美味しいお店があるよ」とちょっと会話を交わして出発。

          燃料が切れそうだったため、出発して早々に給油。
          カッコよく出発しようとするも朝っぱらからイキナリスタンド芋を掘る。

          結局この日は芋神様のご加護を受け、1日スタンド芋やらウィンカー芋の大収穫であった。
          立ちゴケしなくてよかった・・・。




          天竜川沿いの県道343号は非常に綺麗な場所で、土手の上を道が延々と続いていて大興奮。
          当然ヤエーも大漁でした。っても朝早かったのもあってそんなたくさんバイクいなかったけど。その後もヤエーをしながら国道152号を走る。

          この辺りは天竜川の水を貯めたダム湖が多く、多数の絶景が待ち構えていた。


          思わずバイクを停めた秋葉ダム。

                  



          ダムから少し進んだところにある眺めの綺麗な路肩。
          秋葉湖の一部と思われる。

          天気が快晴だったこともあり、小さな滝の景色が圧巻。

                  




          が、景色を楽しみながら走る余裕があったのもここまで。
          ヒョー越林道に入ったところからだんだんと道が険しくなり、幅も狭くなってきたため思うようにペースを上げられない。

          後ろから来る大型バイク軍団に道を譲るタイミングを逃し続けて渋滞を作ったのは内緒。


          林道を抜けたところで路肩に止まって小休止。



          通りがかるバイクにヤエーしてたら故障車と勘違いしたライダーが声をかけてくる場面が何度かあり、バイク降りてるときにブンブンヤエーはやめようと心に誓ったのであった。



          地獄のヒョー越林道を越え、道の駅遠山郷で休憩。






          ここはそれなりに人気のある観光スポットのようで、車もバイクもいっぱいいた。

             

          左:カッコつけるバカイト氏   右:ネタに走る俺



          メシを食おうかとも思ったが、時間的に12時前と少し早い。
          ソフトクリーム食べてるライダーがいたので、俺もアイス食べたい!と言ってみたが、どこに売ってるのやらわからず・・・。
          店員のオバチャンに聞いてみると、どうやらソフトクリームは売っておらず、ソフトクリームっぽい普通のアイスならあるらしい。ええー!じゃあそこに置いてあるソフトクリームの置物はなんなのさ!紛らわしいことこの上ないので勘弁してもらいたい。

          結局アイスも食わずに出発。


          152号線に戻って秋葉街道を走り、喬木・矢筈ダム近くにあるビューやはずで昼食。
          ヒョー越林道もそうだったが、この辺りは標高があるためか葉の混じった桜がまだ咲いていた。八重桜も満開の時期のようで、見ていておもしろかった。




          喬木インターを下りてすぐにあるビューやはず。
          マップルには「こんにゃくアイスなど特産品を生かした食べ物を販売」と書いてあったがそんなものはなかった。シーズンが違ったかな?



          お昼ごはんの信州そば。
          店に入るなり直前のトンネルで体が冷え切っていたため、「さみいさみい」と連発していたら普通はないとろろそばを暖かいそばで作ってくれる優しさにほっこり。



          お店からは上村川(?)に降りることができ、川原はキャンプ場になっている模様。
          沢遊びをする子供たちに混じって写真を撮る。店の前にある石碑?には天竜川の・・・と書いてあるあたり、どうやら天竜川から分岐した支流らしい。

              




          しかしこれ1日分けっこうあるな・・・。
          仕方ないので第二話は前後編に分けようと思います。



          それでは次回も、Kamen Ride!!
          | れば | 2011年5月 静岡長野ツーリング | 02:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          第1.5話 激闘!佐鳴湖!迷子の迷子の俺が仮面ライダー馬男爵だ!
          0
            第二話に行く前におまけ編。

            今回のツーリング、当初は1人旅の予定だったのだが、ひょんなことから旅の伴侶ができた。
            なにを隠そう、今回の旅の2つ目の目的は彼に会うことだったのである。

            その名もバカイト。

            知らない人のために軽く紹介をしておくと、
            時は199X年、世界は核地雷の炎に包まれry
            ではなく、僕がMHFで遊んでいた頃にできた友人で、そのネタくさいプレイスタイルや嗜好が好印象なナイスガイである。いろいろあって意気投合し、ゲーム内でしょっちゅうツルんでは2人で悪さを働いていたのだが、僕があまりMHFをやらなくなってからもちょくちょく連絡を取り、バカ話に花を咲かせていた。

            いつか会ってみたいねぇなんて冗談半分本気半分で話してはいたが、俺は神奈川、彼は大阪と距離が遠いこともあって、恐らく会うことはないだろうと思っていた。ところがどすこい今年の頭に俺がバイクの免許を取りたい!ってな話をしたところから事態は一変する。
            なんと彼の方でもバイク免許を取得していたのである。

            ゲーム内で遊んでいた頃はそんな話は一切出たことがなかったが、偶然なのか運命なのか、
            スタンド使いは惹かれあうらしく、ここへきて共通の趣味人となったのであった。
            馬が合いますね〜、馬鹿だけにってやかましいわwwwwwwwwwwwww

            かくして、再び連絡を取り合う回数が増え、しょっちゅうバイク話をしていた俺達だったが、一緒にツーリングに行こうという話が出るまでにさして時間はかからなかった。
            とはいえお互い仕事もある身で、実現するのはなかなか難しい・・・はずだったのに
            GWパワーを得たことで、一気にこの話が現実味を帯びてきたのである。



            さて、話を今回の旅行に戻す。
            彼は3日が仕事だということで、3日の夜に浜松市内で合流する手はずだった。

            俺が浜松城見学からホテルへ戻り、一服すると彼から到着の知らせが。
            予定より大分早いなぁと思いつつも、これから佐鳴湖へ向かう予定だったため、そこで合流しようということに。

            が、この判断がまたしても間違いだった。

            時刻も19時を回り、暗くなってきた。
            バイクにまたがって佐鳴湖を目指して走ること数分。







            俺「もしもし?ごめん超迷った」

            という有様だった。

            いやほんと、普通の住宅街みたいなとこにまぎれてて、全く見つけられんかった。
            しかも佐鳴湖を見つけてからも、湖畔周辺に何箇所かある駐車場に惑わされ、なかなか合流できない。
            しらみつぶしに目に入った駐車場に止まっては電話をし、を繰り返すこと数回。
            やっと佐鳴湖公園の看板を見つけ、中に入ると手を振る人影。




            左:バカイト KAWASAKI ZRX-
            右:俺 KAWASAKI Ninja400R

            まずはガッチリ握手を交わす。
            お互いリアルでは初対面だったが、直前の佐鳴湖ぐるぐる迷子もあって、
            「いやぁ大変でしたねぇ」「誰だよ佐鳴湖で合流しようとかいったのwwwww」「お前だろボケwwwwwwww」
            などと早々に打ち解ける。

            ひとしきり駐車場でだべり、互いのバイクを見せ合った後、夕飯を食べるため三度浜松市内へ戻る。ホテルにバイクを止め、徒歩で浜松駅へ向かい目に入ったラーメン屋で浜松餃子を食べる。ビールで乾杯!

            え?浜松行ったんならウナギ食ったんじゃないのかって?
            うるせえんだよ!ウナギは高くて手が出なかったんじゃボケ!!
            うな重ひとつで2000円とかなめとんのか!

            やっぱりグルメツアーするなら事前に下調べを入念にやっとかんとダメってことですね…。




            とかなんとかボヤきつつ、俺はホテルへ、バカイトはネカフェへ。
            バカイトは予定が確定するのがギリギリすぎて宿の予約が取れなかったのです・・・。

            途中通りがかった店のショーウィンドウをふと見ると、
            俺「あれぇ?これバカイトじゃね?何ヤッテンノ?」
            バ「ぶwwwwwほんとだwwwwww俺がいるwwwwwww」



            彼はモンハンでもこんなカッコばっかしてる変態です。


            ネタもゲットしたし、メシも食ったし満足。
            帰りの道すがらコンビニに寄って缶ビールを購入し、晩酌の続きを。



            ちなみに今回宿泊したのは静岡県浜松市にあるホテル・ルモンドというところです。
            素泊まりだったけど従業員の人はわりと親切にしてくれたし、いいホテルと思います。

            部屋はこんなかんじ。



            なんかこういうとこ泊まると、1人旅って気がしてワクワクしませんか?
            まぁこの時点ではもう1人じゃないんだけどさ。
            脱ぎ散らかしたジーパンとか転がってるけどキニスンナ。




            テレビつけたらもしドラ(アニメ版)やってました。
            どっかで聞いたことある声やなと思ったらこれ日笠なのね。
            しかし今日の疲労がたまりにたまったせいで、テレビを眺めることもなく、
            普通に風呂入って一杯飲んで終了。死んだように眠った。






            さて、翌日からは諏訪湖を目指して走ります。
            普通に二日目を第二話、三日目を第三話・・・と書いてこうと思ってますが、
            元々構成なんて考えてなかったので行き当たりばったりです。

            特に二日目以降は道の途中で路肩に止まって写真を撮ったり、景色を楽しみながら走ってたので写真の量も増えると思います。







            次回の仮面ライダードラゴンナイトは
            2人で目指すぜ諏訪大社!迫り来る舗装林道の恐怖!後門の虎ならぬ大型バイク!

            第二話をお楽しみに!




            それでは次回も、Kamen Ride!!!

            CMの後は最新仮面ライダー情報ry












            おまけのおまけ。

            俺「えーっと、あれはどこにしまったっけな・・・・ん?」



            ファリー「ファファ♪」

            俺「ファリー!お前どうしてカバンの中にいるんだ、付いて来ちゃったのかよ!」



            っていうネタを仕込んでたんだが、全く使いどころがなかったのでそのままお蔵入りです。
            今後もファリーは活躍の機会が与えられることはありませんでした。
            | れば | 2011年5月 静岡長野ツーリング | 00:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            第一話 目指せ浜松!アクセル全開欲望ツーリング!
            0
              バイク買って初めての大型連休だし、どっか行くしかなくね?
              ってことで5月3日から5日まで、2泊3日の弾丸ツーリングツアーに行ってきました。
              行き先は前々から行きたかった静岡県浜松市。

              ここは某かわいいはまさよしな漫画の聖地であり、最近何をトチ狂ったか
              痛々しいペイントタクシーを配車して町おこしをしてる素敵な街なんである。
              そんなら適当に行ってくっかってことでれっつら☆


              5月3日朝 AM5:00

              ぶっちゃけ前日どころか2日前から興奮して寝付けない日が続いたせいで完全に寝不足気味。
              小学生かよwwwwwとセルフツッコミを入れつつも、宿の予約も取ってしまったし
              今更キャンセルできないので荷物まとめてでっぱつ。確か6時半ぐらいに家を出たはず。

              そのまま西湘BP〜箱根新道と乗り継ぎ、箱根の山を越えて静岡県入り。
              最近は社会実験でここらの高速は無料で通れるので箱根行くときとかよく使ってます。
              新道終点から国道一号線に乗って、沼津方面へ。
              と、ここでトリップメーターをリセットしてないことに気づき、三島でリセット。
              帰ってからGoogle先生に聞いたら家から80キロってことらしいので、総走行距離に+80キロ水増しします。


              AM9:30ごろ 静岡県富士市田子の浦付近

              俺「しまった・・・どこも寄り道しなかったらこんなとこまで来てしまった。」
              一号線がバイパス化しているせいで、寄り道できるコンビニも何もない。
              ジャスコこの先6キロとかそんなんしかなかったよマジで・・・。

              しかしこのままだとどこも寄り道せずに昼過ぎには浜松に着いてしまいそうだったので
              適当なところでバイパスを降りて、その辺のコンビニへ。
              今思えばこの判断が後の命運を分けた・・・ってか真っ直ぐ浜松行けばよかった。

              ひとまず現在地メールを飛ばし、ツーリングマップルで寄り道ルートを考える。
              俺「ふんふん、県道189と60号がオススメのツーリングコースか。じゃ行ってみよう」

              ということでいったん静岡方面へ向かう。
              途中信号待ちで前の車の後部座席に張り付く子供とジャンケン大会を開催しつつ、
              南アルプス方面の看板が見えたためバイパスを降り、山道へ。

              189号線を向かう途中から対向バイクの数が微妙に増えてきたので、
              適度にヤエーしながら走る。と、対向からきたライダーがしきりに手を振っている。
              しまった!先制されたか!と思いきや、何か様子がおかしい。
              ヤエ・・・?ん?と微妙に手を振り返してパスしたが、数百メートル走ったところで

              路肩に立っている赤い「止まれ!」の旗を持ったおまわりさんが見えた。

              そう、先ほどのハンドサインの意味、それはすなわちピースしていたのではなく、この先ネズミ、注意せよ!と教えてくれていたのだ。あぁなるほどなぁと合点がいくとともに、普通に道を知らなかったため、前車に続いてゆっくり走っていた俺はネズミ捕りを軽快にパス。

              その後道が不安になり、路肩に停めて地図を確認しながら予定通り189号に乗る。





              189号線のどっか。

              こんなかんじで沢沿いをひたすら登りのワインディングコース。
              道が若干狭いなぁとは思いつつも、綺麗な場所だし適度なカーブもあるしで満足。
              が、60号に乗り下りに切り替わったところでこの幻想はぶち殺された。

              舗装はしてあるものの路面の凹凸が酷く、そこらじゅうに枯葉や落石がある。
              いやいやこれ死ぬだろwwwwwとか言いつつ時速15キロでヒィヒィいいながら下山。
              下りきるころにはヘトヘトになってまんた。


              とはいえ周りを見れば雄大な景色に広がる茶畑。のどかな風景に心を洗われる。

                      

              県道60号線のどっか。


              途中で小休憩をしつつ、再びバイクにまたがりヒィヒィ言いながら60号線を下る。
              道の脇に立ててある「なんちゃら道まで15キロ」という表示が恐ろしく見えてきたそのとき
              林道から普通の生活道路に道が変わり、だんだん走りやすくなってきたなと思っていたら
              久々に視界が開け、長い直線に。しかもおあつらえ向きに対向からバイクが見える。

              これはヤエるしかない!と思って射程圏内に距離が縮まるのを待っていると、
              対向のバイクも足を開いて走りながらアピールしている。
              こいつぁ絶好のカモだぜ!とばかりにブンブンヤエー。すると・・・


              *     +    巛 ヽ
                          〒 !   +    。     +    。     *     。
                    +    。  |  |
                 *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
                     ∧_∧ / /
                    (´∀` / / +    。     +    。   *     。
                    ,-     f
                    / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
                   〈_} )   |
                      /    ! +    。     +    +     *
                     ./  ,ヘ  |
               ガタン ||| j  / |  | |||
              ――――――――――――

              とばかりに見事なスタンディングヤエーで迎撃された。
              こういうことがあると、一気に気分も晴れ渡るよね!


              そんなこんなでホクホク気分で14時過ぎにバイパスに戻り、そのまま浜松を目指す。
              ぶっちゃけ15時ぐらいには浜松に着いていたかったが、魔界の舗装林道が思いのほかきつく
              早めの到着は断念。結局着いたのは17時手前。科学館への看板が見えたので、先に見学。
              前置き長かったけど、こっちがメインだからね!!!



              ニュートンのりんごの木。
              本物?接木したらしい。
              はー・・・。




              時と光のモニュメント。
              世界の天文台の今の時刻がわかります。
              ほー・・・世界の・・・。



              科学館正面入り口。
              こんだけやっといて中に入ったかといわれると、実はトイレ借りただけです。


              ひとしきり科学館を見て、宿泊予定のビジホにチェックイン。
              バイクを置いて、徒歩で浜松城へ。
              おーここが・・・伸姉たちが劇中で遊んだ浜松城・・・。と、闊歩するアベックの中
              一人でブツブツ言いながら歩き回る不審者。顔もニヤニヤしてたと思います。



                

              若き日の家康公像
              そいつとメル友になれ!

                

              そのサムライに勝て。


                

              浜松城天守閣。
              お城と言えば石垣!
              この辺りの石垣ときたら、空積みという一見無骨ながら堅牢無比で、自然石を積み上げて数百年崩れることのない、これはまったくもって匠の・・・云々、とコッポラちゃんが説明しておったアレです。


                  

                  

              浜松城日本庭園。



                  




              息止めて、動かず耐へる、モデルかな。明文


                  

              最後は中央芝生広場。
              笹塚立ってろ〜〜〜〜



              そんなこんなで浜松城を回り、ホテルへ戻る。
              ぶっちゃけこの時点で相当へとへとだったんだけど、最後の気力を振り絞って
              佐鳴湖へ向かうべく道を調べて再出発に備える。ちなみにこの時点で時刻はPM18:00









              そしてその頃、俺の携帯は大阪から忍び寄る1匹の馬に似た鹿の姿を捉えていたのであった。

              次回、仮面ライダードラゴンナイト!
              深夜の邂逅。魔と狂乱の佐鳴湖!!

              乞うご期待!!




              それでは次回も、Kamen Ride!!!!
              | れば | 2011年5月 静岡長野ツーリング | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                 1234
              567891011
              12131415161718
              19202122232425
              2627282930  
              << November 2017 >>
              + PR
              + RECOMMEND
              + SELECTED ENTRIES
              + RECENT COMMENTS
              • 2徹目 念願の神戸へ行ってきたぞ!〜乙、刻を超えて〜
                管理人 (10/13)
              • 2徹目 念願の神戸へ行ってきたぞ!〜乙、刻を超えて〜
                あけちゃん (10/11)
              • 二発目 関西人と関東人とマックとマクド
                管理人 (09/29)
              • 二発目 関西人と関東人とマックとマクド
                神 (09/27)
              • 最終話 さらば兄弟、神の住む地を後にして
                管理人 (05/16)
              • 最終話 さらば兄弟、神の住む地を後にして
                ばか (05/11)
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + 買ってはいけない地雷ゲー
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE